光治療による永久脱毛

近年では女性の身だしなみのひとつとなっている脱毛ですが、脱毛する部位は手や足にはじまり全身に及ぶようにもなってきています。手や足の脱毛は自宅で自己処理をすることもできますが全身脱毛などはエステサロンや美容外科などに行って施術してもらう必要があります。エステサロンや美容外科などで脱毛を行ってもらう場合、多くの人は永久脱毛を目的にしています。永久脱毛とは永遠に毛が生えないようにする脱毛方法というわけではありませんが、50年は毛が生えないようにする脱毛方法のことをいいます。

永久脱毛として行われる脱毛方法には様々ありますが、光治療やレーザー脱毛がよく知られています。光治療は名前は異なりますが、レーザー脱毛の一部とされています。どこが違うかというと照射される光に違いがあります。レーザー脱毛に使われる光は脱毛に最も効果があるとされている光のみを照射することに対して光治療ではさまざまな光が照射されます。

また光治療は脱毛治療がメインではなくシワ治療などがメインとして行われています。光治療やレーザー脱毛の原理としては、まず黒い色素に吸収される光を専用の脱毛器具から照射します。そのことにより毛が熱の影響を受け、その熱によって毛の周囲にある毛を作り出す細胞を損傷させることにより毛の再生を抑制させることにあります。このためこの脱毛方法を行う場合には事前に毛を抜くことや脱色することをしてしまうとうまく施術できないことがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*