電気針治療とレーザー脱毛を併用して永久脱毛しよう

電気針治療による脱毛とは、専用の針を毛穴に刺して電気を流すことによって毛を作る組織を破壊する永久脱毛の方法です。日本においては、このような組織を破壊し、永久脱毛を行う行為は医療行為であるため、美容外科クリニックなどの医療機関でのみ施術ができます。美容外科など医療機関でできる永久脱毛の方法で、レーザー脱毛が主流になるまでは永久脱毛といえば電気針治療でした。電気針治療は、毛穴一つ一つに電流を流してムダ毛を一本一本処理していくので、レーザー脱毛に比べて時間はかかりますが、脱毛効果はとても優れているといえます。

しかし、範囲を処理するには時間がかかりすぎてしまうし、痛みもあるので、全身の脱毛に電気針治療を選ぶのは一般的にはありえません。そこで、レーザー脱毛と電気針治療を併用することで全身の永久脱毛をするのが一般的な方法です。レーザー脱毛は、黒色に反応する光を利用して脱毛する方法なので、ほくろやタトゥーのある箇所には使えません。そこで、そのようなレーザー脱毛では脱毛できない箇所に対して、電気針による脱毛を行うのです。

さらに、レーザー脱毛では反応しない白髪などについても電気針による脱毛ができます。電気針による脱毛法は、レーザー脱毛によって廃れていくことなく、レーザー脱毛と併用して全身脱毛をするという方向で生き残ってきたのです。電気針による脱毛法は、他の脱毛法に比べて、電気針を刺した跡がはれたり、赤みが出たりと肌への影響が大きいというデメリットがあるので、信頼のおけるクリニックで施術を受ける必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*